MIKI MATSUMOTO

2020/11/18 12:00

(2019年11月)

物語のある暮らし

だれもがきっと、その1行に、そして行間に、たくさんの物語。


松本美樹 

1973年 札幌生まれ
1980年 札幌市立三角山小学校入学
1981年 父親の仕事の都合で東京小金井に引越
1985年 札幌に戻る
1986年 札幌市立宮の森中学校入学
1989年 北海道立札幌西高等学校入学
1993年 北海道大学文学部入学
1997年 結婚
     北海道大学文学部卒業
     長男出産
1998年 夫の仕事で川崎に移住
1999年 次男出産
2002年 社宅内にて数百冊の蔵書絵本の貸し出しを始める
2004年 長女出産
2005年 横浜に移住 
     近隣の親子への絵本の貸し出しを始める 
2007年 次女出産
2008年 「ルピナス文庫」として、正式に家庭文庫(親子向け私設図書館)を開く。
     (2020年11月現在、蔵書数1600冊~)
2012年 ぬいぐるみおとまり会を初開催。以降毎年恒例行事に。
2014年 夫がブラジルに赴任
    (6年のブラジル赴任を終え、2020年からペルー赴任)
     次女の小学校入学を機に憧れの日常着物生活開始
2015年 着物生活の延長で、趣味として帯留作りを開始
2016年 レジンと手描きを重ねる手法による帯留作りで「Rumphius」の屋号でハンドメイド作家デビュー
    (2018年からネット販売は休止中)
     2016年~2019年の主な出展イベント
    (太字のリンク先に過去作品が載っています)
     ヨコハマハンドメイドマルシェ2016  
     ハンドメイドインジャパンフェス 2017 2018
     その他 作家展、個展など
2020年 屋号を「Rumphius」→「MIKI MATSUMOTO」に変更。
     帯留作家ではなくアートとしての物作りを開始。


これまでの47年間のうち、半分を子育て中心に楽しんできました。
プロフィールとして書けるようなことではありません。
でも、それまでの24年間と、夫と4人の子ども達との23年間が、そして言葉の贈りものが、今の私を作っています。
その長い長い物語。
思いつくままに綴った生い立ち記録は、コチラから。
コロナ自粛期間中に本と私と子育ての振り返りとして思いつくままに綴った文章。駄文&長文ではありますが、子どもと本に関心のある方々からは好評をいただいてます。
(※スマホよりも、パソコンでご覧いただくほうがスムーズなサイトです。)



夫婦二人の出会いの場。
北大構内の写真
「美樹を探すなら教室ではなく芝を探せ」
と言われていた私。
暇さえあれば(授業をサボって)、北大構内の芝の上で寝そべっていました。

生真面目&気ままな松本です。
きっとこのサイトの更新も、製作方法も販売も、時に真面目に、時に気の向くままに…の運営になりますが、よろしくお願いいたします。